27

お久しぶりです、ネム子です。
かなり更新が開いてしまいすみません;



今日は「完璧主義」についてのお話です。
私が実際に経験したことなのですが、何かをやろうとした時に「完璧主義」になってしまいそれが原因で行動が続けられないことがあります。

今回漫画に描いているように、自分を責める癖を直そうと毎日頑張っているのに、なかなか考え方を修正することができなくて「なんでだよ!」と完璧にできない自分を更に自分を責めてしまったりするんですね


できない自分が許せないんです。


自己肯定感が低く、客観的に物事を見ることができる人はこの「完璧主義」になって自分をどんどん責めて追い込んでしまいがちな傾向にあるのではないでしょうか


完璧主義な人って社会的に見れば良いことがたくさんあって、評価に繋がったりする事も多いと思うのですが、それはあくまで自分の「外の世界」でのことです。


自分自身に対してなんでできなかったんだ!とか自分はだめなやつだ…と評価をしてしまうような完璧主義を続けているといずれ心も体も壊れてしまいます。


せっかく何かを始めよう、続けようと思って始めたことも、なんで出来ないんだー!と自分をを責めていては苦しくて続けることができません



自分は完璧主義で何かにつけて自分を責めてしまう癖がある…という方は、その考え方を真逆の方向に一度変えてみてください。



「自分を責めても別にいい」


と。


低い自己肯定感からくる完璧主義は自分を受け入れることでなくなっていきます。
まずはどんな自分でも受け入れてあげること
「今のままの自分でいいんだ」という考え方を持つことが大事です

「馬鹿なままでもいい」
「仕事でミスをしてもいい」
「嫌なことを言われた時に我慢なくてもいい」
「辛い時は泣いてもいい」
「人に気を使えなくてもいい」

こうしなくてはならない。と心にストップをかけている事に「いいんだよ」と許可を出してあげてください。
許可を出したことを実際にする必要はないんです。そんなこと出来ない。と考えなくてもいいんです
ただ心の中で、声に出して、紙に書いて、自分に許可を出してあげる

それだけで大丈夫です


許可を出してあげるだけで心がふっ…と楽になると思います。


自分完璧主義になってるなぁ。苦しいなぁと感じた時は、完璧主義になっていることに許可を出す。
これはどこでもできることなので、気づいた時にぜひやってみてくださいね