31

自分自身に合っていない環境にいると、自分はこの環境が合っていると思っていてもどこからか、そこの環境は合っていないよ。というサインがきます。

私の場合はどの職場に行っても、仲良くなった方から「ここよりもっといいとこあるでしょ。」と言われ自分はここの職場には必要ない存在なんだ。と感じて酷く落ち込んでいました


でも違うんですよね。
自己評価、自己肯定感の低さから無意識に自分に合っていない職場を自分で選んであえて辛い経験をしようとしていたんです。

「私はこの辛い環境にしか見を置けない。自分には辛い環境がふさわしい」と自分に価値のないことの証明を自分自身にしようとしていたんです


私はその環境に自分が合っていると思っていても、周りから見たらその場所には合っていない人間がいるのですからなんとなく違和感があったのかもしれません

なぜか必ず他の職場を勧められたり、その職場にいられないような状況になってしまうんです

居心地が良いと感じていた職場でも突然契約を切られたり、状況が変わってその職場にいられなくなったり。


もちろん自分自身からもサインが来てその環境を離れなければいけなくなることもあります
酷く疲れやすくなったり、ストレスで職場にいるだけで目眩や吐き気がし始めるようになったり。


私は仕事を転々とすることに抵抗がなかったので、ここはだめだと感じたらすぐに仕事をやめて他の職場に移っていたのですが、結局どこに行っても結果は同じでした。


辛い。転職。辛い。転職。の繰り返し。

もちろん仕事だけではなく、人間関係においても同じでした

社会人になってから関係が続いた人って本当に全くいないです^^;

自分に合わない人を無意識に選んで付き合っていたんでしょうね
しんどくなったり、連絡が取れなくなったりしてあっという間に関係が終わってしまうことばかりでした



今思えばたくさん「今の環境合っていないよ〜」と周りからも自分からも「サイン」がたくさん来ていたのに、全部周りのせいにしたり、自分の能力のなさのせいにして環境が合っていないことに全く気がついていませんでした


そんな私の状況が変化し始めたのは、鬱状態になり「このままではいけない。すべてを捨てて自分のしたいことをしよう」と行動し始めたあたりからです


限界だったんでしょうね;

ほぼ強制的に当時居た環境から抜け出す形になりました


その頃から心の勉強を始め、自己肯定感、自己受容感というのを少しづつ上げるワークをしていくようになりました

そうしていくと仕事も人間関係も良くなり始め、ここに合っていないという「サイン」も少しずつなくなっていきました


今は自分に合った環境というのが自分でわかるようになって来て、自分で自分の環境を作っている最中です

もう本当に今までと心の負担が全く違います。
とにかく楽に過ごせます


自己肯定感や自己受容感が低いと、無意識に自分の合っていない環境を選びがちですし、「自分は駄目だ。自分は価値がない」とフィルターがかかったような状態で物事をニュートラルな状態で受け取ることができずにしんどい思いをすることが多いと思います



何故かどこに行っても同じような辛い、しんどい思いをする。今の環境は自分には合っていないと感じるならまずは自己肯定感、自己受容感を上げるワークやインナーチャイルドを癒やすワークを集中的にしてみることをオススメします

セルフワークがしんどい、めんどくさい、自分ではよくわからないと思うならカウンセリングに行ってみるのも良いかもしれません


自分が自分の価値を低く見ているんだな。と気づいて意識するだけでも自分の行動は変わってくると思います


自分に合った環境を選んで楽に過ごせるように自分ができる範囲で行動してみてください