19


皆さんはこんな風に自分自身を変なルールで縛ってはいませんか?

私のように「うまく話せないといけない(他人を喜ばせないといけない)」「完璧でいないといけない」などのルールで自分を縛っている人もいれば、「楽をしてはいけない」とか「弱音を吐いてはいけない」など様々なルールで自分を動けないほどがんじがらめにしている人もいるかもしれません。


しかしそれらのルールは成長する過程で潜在意識に刷り込まれた、他人にとって都合のいいルールであることがほとんどです。


もちろん、他人に喜んでもらうことが嬉しいとか、完璧であることが嬉しいという場合はいいと思いますが、それが「やらなければならないこと」として自分の中にある場合はそのルールをなくしてしまった方が自分のためにはいいです。


自分を一番に大切にできていることが、いい出来事を引き寄せやすく、自分の望む人生を手に入れやすいからです。



そしてこれは今後詳しく書こうと思いますが、自分を大切にして良い状態に保っていることが結果的には他人のためになったりします。

なので遠慮なく、自分を優先した生き方をしましょう。



自分を優先するためには自分を縛っているルールを解いてあげることが必要になってきます。



イライラしたり悲しくなったり、自分を責めてしまった時は、自分で自分をルールで縛っていないか、考えてみてください。


考えてもわからない場合は「なぜそう思うのか?」と自分に聞いてみると良いと思います。
なぜ?と聞いた時に出てきた答えが、自分を縛っている思い込み、ルールです。



そのルールを解く方法は、インナーチャイルドを癒やすワークだったり、感情を消化するワークだったりを参考にしてもらうといいと思います。


あとはそれにプラスして、自分を縛っているルールと反対の言葉を自分にかけてあげることも効果があると思いますのでやってみてください。
(「完璧じゃないといけない」というルールが自分の中にあるなら「完璧じゃなくてもいいんだよ」という言葉をかけてあげる)


ですが、まずはルールに気づいてあげることが大事ですので、普段から自分の感情や感覚に気を使ってみてくださいね。



感情を消化するワーク↓



インナーチャイルドを癒やすワーク↓











18


自己投資をするということはイコール自分の価値を高めるということです。

逆に自己投資ができないイコール、自分のことを価値がないと感じているということになります。



私も、以前は自己投資を全くしていませんでした。
とにかく食べ物も服も家具も安いものでなければ買わない。高いものには見向きもしない。
自分の気に入ったものがあっても少しでも値段が高ければ「こんな高いものは買えない。」と諦めていたんです


でもそれってどうでしょう。
なんだかお金のために自分を粗末にしているように感じませんか。


高ければいいというものでもないですが、安ければいいというものでもないんです。
「自分が好きなものを選ぶ」ということが大事なんです


お金は確かに大切ですが、お金を一番にしても自分は満たされません。

自分を一番にした時に自分が満たされていきます。




自分に価値を感じていない時は自分にお金を使うということは抵抗があると思いますし、人によってはかなり勇気がいることだと思います。



ですがぜひ勇気を出して、自分の好きなこと、興味があることにお金を使ってみてください。



自信がつき、どんどん自分の世界が広がっていくと思います。



自分を大切にしていきましょう





17

今回はわかりやすくするために運動で例えましたが、この方法は結構なんにでも使える習慣化させる方法です。

・一日一行日記を書く
・一日一回好きな音楽を聴いてリラックスする時間を作る

とか。なんでもいいと思います。
とにかくハードルをものすごく低く設定することで、「これくらいならできる」と行動に対する気持ちが軽くなり、続きやすくなっていきます。


私はダイエットにもこの方法を使って、運動を習慣化させることにも成功しましたし、他にも習慣させたい行動をこの方法で習慣化させたりしました。


あとは行動できた日をカレンダーに記入していったり、SNSなどで行動する仲間を作ったりするのもいいと思います。

一度でも行動を習慣化させることができるようになると自分の自信にもなりますし、潜在意識に「自分は行動を続けられることができる」とインプットされ行動を続けることが楽になっていくので変化が起こしやすくなります



注意することはあくまで目標は低いハードルのまま。ということと、一日の目標をこなしたら自分を褒めてあげる。
そしてできない日があってもまぁこんな日もあるさ。と自分を決して責めないことが大事です

あくまで続けることを目標においた方法なので、気長に考えることが大切です。


ぜひやってみてくださいね





さらっと書きましたが、もっと詳しく知りたいという方はリンクを貼っておきますので読んでみてください




小さな習慣
スティーヴン・ガイズ
ダイヤモンド社
2017-04-27








↑このページのトップヘ