28



生きていくうえで他人と関わることは避けられません。

たくさんの人と関わっていく中で、「苦手な人」や「嫌いな人」と関わらなければいけないこともあると思います

この人はどうしてこんな行動をするんだろう。理解できない。
イライラする。モヤモヤする。楽しくない。
気にしなければいいのにどうしても発言や行動が感に触る。
なんとなく嫌い。できれば関わりたくない…

こんな風に感じてしまう人、いるんじゃないでしょうか


しかもなぜかどこに行っても似たような苦手な人や嫌いな人がいたりする…


不思議ですよね
どうしていつも同じような人に悩まされるのか。


それは自分が苦手な人や嫌いな人の中に、「自分が認めたくない自分自身の思い込みやトラウマ」を見てしまっているからです

他人が「自分が認めたくない自分自身の思い込みやトラウマ」と似た要素を持っていて、自分の目の前に突きつけてきたら……どう感じるでしょうか。
見たくないものを突きつけられたんですから嫌な気持ちになりますよね。
そうするとその人のことを常にフィルターをかけたような状態でみてしまうようになるんですね。
「この人は嫌な人だ」と。

このように他人に自分の認めたくない心の部分を他人に写し込んで見てしまうことを「投影」といいます。


過去の私を例にあげてみましょう。

私は学生の頃いじめや嫌がらせを受けることが多くありました
私は私をいじめたり嫌がらせをしてくる人たちのことが大嫌いでしたが、同時に、自分と同じくらいいじめや嫌がらせを受けているクラスメイトのことも嫌いだったんです


いじめや嫌がらせをしてくる相手を嫌いなのはわかるけどなぜ同じように嫌な思いをしているクラスメイトまで嫌いになるの?と思う方もいるでしょう


それは私が「クラスメイトに自分を投影してしまっていたから」です

私はその子に「抵抗できない弱くて惨めな自分」を投影してしまっていたんですね。
見たくなくて、認めたくなくて、その子を嫌いになることで自分は違うと思いたかったのかもしれません


そして同じように、いじめや嫌がらせをしてくる人たちに対しても私は自分を「投影」していました。

それは家庭環境から潜在意識ににインプットされていた「自分は価値がない」「自分はダメだ」などの「自信のなさ」でした



いじめや嫌がらせをする人たちって実は自分に自信がなくて、常にどこか満たされない思いを抱えている心が弱い人たちなんですね

自信がないから他人を落とすことで自分の心を満たそうとするわけです。
私はそんないじめや嫌がらせをしてくる人たちの弱い心を無意識に感じ取り、自分を「投影」してしまっていたんだと思います。

(逆にいじめや嫌がらせをしてくる人たちも自分の弱い心を私に「投影」して、いじめや嫌がらせをしていたんでしょうね)



このように「嫌いな人」「苦手な人」というのは実は自分の思い込みが作り出している偽物の存在です

自分の「認めたくない心の部分を認める」つまり自己受容ができるようになると、他人への「投影」もなくなり、その人への嫌な感情というのがだんだんと薄れていきます
「まぁいいか。」とあっさり気持ちを入れ替えられるようになってくるんですね


実際に私は自己受容を進めていくにつれ、嫌いな人や苦手な人が少しずついなくなっていきました。
それは「自分の心の認めたくない部分を認める」ことで「他人も認められるようになった」からです。


自己受容できるようになってくると、自分がどんな環境にいるほうが合っているのかという判断もできるようになってくるので、更に人間関係が楽になっていきます



いつも「苦手な人」や「嫌いな人」に悩まされているという人は、まずは自分の心に認めたくない部分がないか内観してみる時間をとってみるといいかもしれません


そして自分を受け入れてあげること。
自分の認めたくない部分を認めることができるようになると、人間関係以外でもたくさんのことが楽になってくると思います。



「こんな自分でも別にいい」「こんな自分だけどそれがいい」

そう思える自分を目指して自分のできることからやっていてくださいね



自己受容の方法については過去記事にも色々書いていますので、それを参考にしてみてくださいね
(インナーチャイルドを癒やすワークや愚痴日記を書くことなんかも自己受容に繋がります)


27

お久しぶりです、ネム子です。
かなり更新が開いてしまいすみません;



今日は「完璧主義」についてのお話です。
私が実際に経験したことなのですが、何かをやろうとした時に「完璧主義」になってしまいそれが原因で行動が続けられないことがあります。

今回漫画に描いているように、自分を責める癖を直そうと毎日頑張っているのに、なかなか考え方を修正することができなくて「なんでだよ!」と完璧にできない自分を更に自分を責めてしまったりするんですね


できない自分が許せないんです。


自己肯定感が低く、客観的に物事を見ることができる人はこの「完璧主義」になって自分をどんどん責めて追い込んでしまいがちな傾向にあるのではないでしょうか


完璧主義な人って社会的に見れば良いことがたくさんあって、評価に繋がったりする事も多いと思うのですが、それはあくまで自分の「外の世界」でのことです。


自分自身に対してなんでできなかったんだ!とか自分はだめなやつだ…と評価をしてしまうような完璧主義を続けているといずれ心も体も壊れてしまいます。


せっかく何かを始めよう、続けようと思って始めたことも、なんで出来ないんだー!と自分をを責めていては苦しくて続けることができません



自分は完璧主義で何かにつけて自分を責めてしまう癖がある…という方は、その考え方を真逆の方向に一度変えてみてください。



「自分を責めても別にいい」


と。


低い自己肯定感からくる完璧主義は自分を受け入れることでなくなっていきます。
まずはどんな自分でも受け入れてあげること
「今のままの自分でいいんだ」という考え方を持つことが大事です

「馬鹿なままでもいい」
「仕事でミスをしてもいい」
「嫌なことを言われた時に我慢なくてもいい」
「辛い時は泣いてもいい」
「人に気を使えなくてもいい」

こうしなくてはならない。と心にストップをかけている事に「いいんだよ」と許可を出してあげてください。
許可を出したことを実際にする必要はないんです。そんなこと出来ない。と考えなくてもいいんです
ただ心の中で、声に出して、紙に書いて、自分に許可を出してあげる

それだけで大丈夫です


許可を出してあげるだけで心がふっ…と楽になると思います。


自分完璧主義になってるなぁ。苦しいなぁと感じた時は、完璧主義になっていることに許可を出す。
これはどこでもできることなので、気づいた時にぜひやってみてくださいね




26


以前ご紹介したインナーチャイルドを癒やすワークの続きのようなものです。

今回ご紹介するのは「両親に感謝する」というワーク。
もちろん両親以外の方でこのワークをやってもらってもいいのですが、今回は大きな存在である両親に対してワークをやってみましょう。



その前に、なぜ両親への感謝がインナーチャイルドの癒やしに繋がるのか。少しお話したいと思います。

この記事をご覧になっている方は少なからず心に闇を抱えていたり、生きづらさを感じていて、それをどうにかしたいと思っている方々だと思います


そんな今の自分に大きな影響を与えた存在は誰でしょうか。育ての親である「両親」です。



人間がどういう一生を生きるのか。それを大きく左右するのは両親です。
子供の頃に両親に大切にされ、たくさんの愛情を注いでもらった人は大人になっても多少の困難はありつつも順調に人生を歩んで行くことが多いです
しかし子供の頃に両親に愛を十分に注いでもらえなかった子供は、大人になってから心にたくさんの問題を抱えてしまい人生に大きな苦痛を感じてしまったりします



前回の記事でもお話しましたが、人の心というのは誰かに受けれられてこそ成長するものです。
両親に愛をもらえず「受け入れられた実感がない」子供の心は、そこで成長が止まってしまいます
そして心が子供のまま成長してしまった大人は、心の奥底に「自分は人に受け入れられない」「自分には価値がない」などの無価値観を無意識のうちに抱えてしまいます

そして何かに依存してしまいやすくなったり、キレやすくなったり、暴力を振るいやすくなったり、他人に評価されたくて頑張り過ぎてしまい、心の病にかかってしまったりするんです
(この「大人になりきれなかった大人」のことを「アダルトチルドレン」といいます)


このように両親の存在というのは親元を離れてからも無意識のうちに自分に影響を与え続けています


じゃあ悪い両親のもとに生まれた時点で、自分の人生は良くならないかというとそんなことはありません。

どういう風に生きたいか。自分の人生は自分で選び、創ることができます。
実際に社会的に成功している人たちの中にも、子供の頃に両親から愛をもらえずに寂しい思いをしてきている方はたくさんいます
過去が辛くても現在幸せに暮らしている方もたくさんいます


もちろんこれを読んでくださっている方も親から受けた心の傷を癒やし、親から自立し、幸せに暮らすことはできます。


私も長かった苦しみから開放されて、随分楽に生きることができるようになりました


そして苦しい人生を変えるためにしたセルフワークの一つが「両親に感謝する」ワークです


「両親に感謝」をすることはインナーチャイルドの癒やしに繋がります

なぜ両親に感謝することがインナーチャイルドの癒やしになるかと言うと
感謝するという行為は「相手を認める」ということなんですね

両親に感謝するということは、両親を認めるということ。たとえどんな両親であっても個としての存在を認めることです。
認めるということはイコール相手を許すということでもあります。
つまり両親に感謝をするという行為は、「両親を許してあげる」という心の許しに繋がるんですね


両親に酷いことをされた!愛をくれなかった!と憎しみに近い感情があったとしても、それは両親のことを実は愛しているからです。
両親を愛しているから愛がほしい。なのに愛をもらえないから「なんでだよ!」と嫌いになったり憎んでしまうんです。
(嫌い嫌いも好きのうち。というのは案外本当です)

両親に感謝するということは、本当は両親を愛しているという自分の心を認めてあげることでもあるんですね。
傷ついた心は認める、受け入れることで癒やされていきます



とても両親に対して感謝なんかできない!という方は、まずは自分の本音を吐き出してあげる必要があります。
時間がある時、一人になれる空間で両親に対してとにかく文句を紙に書き出しまくってください


両親に対する本音を吐き出していくと、ムカつくし嫌いだけど、両親に対して少しくらい許してやってもいいかな。という気になって来るかもしれません。
ワークを続けて心に余裕ができてきたら、もしかしたら両親は子供の時にたくさん我慢してきたのかな。とか苦労してたのかな。とか両親の立場も想像できるようになるかもしれません

自分の心の状態に合わせてワークに取り組んでみてください。






長くなりましたが、これから「両親に感謝する」ワークの方法を説明します
いつものことですが紙に書き出してもらうワークです


といっても特に説明することはなく、両親に対して感謝を書き出すだけ。です
両親に手紙を書くようにすると書きやすいかもしれません

箇条書きのようにしてもらってもいいと思います

・今まで育ててくれてありがとう
・学生の時お弁当を作ってくれてありがとう
・痛い思いをして自分を産んでくれてありがとう
・学校に行かせてくれてありがとう

という感じに。


手紙でも、箇条書きでも「ありがとう」という言葉を書くほうが、感謝の気持ちが強くなるので「ありがとう」という言葉はぜひ書いてみてくださいね



私はこのワークをしていると結構涙が流れてきて大変なことになるので、ティッシュかハンカチを手元に置いておくといいかもしれません^^


たくさん感謝をしてみてくださいね

↑このページのトップヘ